マチノテの本棚をながめて


マチノテに本棚があること、ご存知ですよね。

ちょっと偏ったラインナップかもしれませんし、普段は手に取らない本が多いかもしれません。勤務しはじめた頃、私も「なんだろう」「自分とは違う世界の話だな」と思うものばかりでした。

でも、何気なく手にした1冊の本が人とのかかわり方や生き方、考え方を変えてくれる可能性があります。それは普段、手にしないし興味を持ったことがない分野の本だからではないでしょうか。

私もゆっくりですが、生き方が変わってきていると感じています。

 

今日は不登校新聞に目を通してみました。

http://www.futoko.org/about/

あっ、この講演会に行って話を聞いてみようかな。そんな記事がありました。

手帳を見て、予定がなければ都内へ行って聞いて来ようと思います。

こういう出会いは家の本棚を眺めていても、なんとなくネットで記事を読んでいるだけでは引き寄せられません。

 

間もなく春がやってきます。

新しい自分に会うために、マチノテに来てみませんか。

本棚にある本は貸し出し可能なものばかり。リブライズを使い、貸し出しをしています。